初めてのお中元の送り方

お中元とは、年中行事でお世話になった人々に贈り物をする習慣のことをいいます。夏のご挨拶であり、毎年東日本は7月上旬から15日までで、西日本は7月中旬から8月15日の間に行われることが一般的です。送る時期は地方により少しのずれがあるようです。日頃の感謝を込めて、「これからも変わらぬ良いお付き合いを」という思いが込められています。

お世話になっている方へ喜んで受け取っていただくには、失礼のないようにしたいものです。最近では6月下旬から贈るところもあります。8月7日前後の立秋を過ぎてしまうようならば、「暑中御見舞い」や「残暑御見舞い」の、のし書きにします。贈り先が目上の方の場合は「暑中御伺い」や、「残暑御伺い」とします。

お中元ののし紙は紅白5本蝶結びです。お中元の品物はお供え物の意味がありますので、ほとんどが食べ物中心に選ぶことをお勧めします。金額の目安としては3000円から5000円程度が一般的です。あまり高い品物を選んでしまうと、かえって相手に気を使わせてしまいますので、気を付けてください。

お互いに負担にならない程度のものが適切です。毎年人気があるのは暑い夏にもさっぱりといただくことのできるメロンやすいかなどの旬のフルーツ類、すぐに食べることのできるアイスクリームやゼリーなどです。その他にもそうめんなどの麺類に、夏バテ防止には鰻です。お酒が好きな方にはビールを贈ると間違いないです。

アイスコーヒーも定番商品で人気です。失礼のないように贈ると気持ちが伝わります。お中元のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です