感謝の気持ちを伝えるお中元

お盆のお中元や年の暮れのお歳暮は、日ごろお世話になった方々に感謝の気持ちを伝える日本の風習です。もともとは、中国の道教に由来する行事で、江戸時代に夏のご挨拶として今のような形になってきました。お盆が近づくと、お中元の品をもって、上役の人の家に行く様子が時代劇やドラマで見ることができます。商い先にお中元を送るのも、礼儀の一つともいえました。

最近では、形式的な贈答品のやりとりを削減する企業や人も増えてきていますが、百貨店では季節のものや定番をそろえた中元コーナーが人気です。お中元は、東日本では7月上旬から15日まで、西日本では7月中旬から8月15日までが一般的です。地域によって送る時期が違うので、間違えないようにしましょう。この時期を過ぎると、立秋までは表書きを「暑中見舞い」とします。

立秋を過ぎると「残暑見舞い」とすれば失礼にはなりません。ビジネスなのか個人的な相手かによっても贈る品は違ってきます。さらに、相手の年代や性別、キャリアや嗜好も踏まえて選定するといいです。贈り方も、相手の都合を考えて気配りをすると、感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

昼間仕事で出かけていて留守の方に生鮮食品を届け、受け取ることができなくて困らせてしまうより、飲み物や缶詰などの賞味期限が長いものを贈った方が安全です。贈ってくださった心づかいを感じると嬉しくなって、離れていても互いの距離が近くなったような気がするものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です