お中元~お世話になった方々へ夏のごあいさつ

お中元の語源は、中国の道教と呼ばれる思想からの由来となります。道教の教えでは1月15日を「上元」、7月15日が「中元」10月15日を「下元」とそれぞれ呼び、これらを「三元」と総称して、厄払いの日として重要視しました。「中元」は死者の罪を購う日とされ、先祖に感謝して供養のお供え物などを供える習慣があり、これが日本に伝わって、親しい人に日頃の感謝として贈り物を贈呈する習慣になったとされています(諸説有ります)。お中元を贈る時期は一般的に、北海道では7月15日~8月15日頃、東北や関東では7月初旬~7月15日、東海・関西・中国・四国では7月中旬~8月15日、九州では8月1日~8月15日、沖縄の場合は、旧暦の7月15日前後となっています。

このほか地域によっても異なる可能性がありますので、事前に確認して下さい。お中元は夏の暑い時期に贈るもののため、ビールや清涼飲料水、ゼリー、水ようかん、そうめんなどが人気の高い商品になります。相手の好みや家族構成なども考えて、例えばお子様が多いご家庭にはアイスやジュースなどを送る、お酒好きの一人暮らしの方にはビールとおつまみのセットを送るなど、商品を選んで送るようにしましょう。お中元の予算は3、000円から1万円ぐらいが相場で、家族や親戚など親しい相手は3、000円から5、000円、お世話になった方や仕事関係では5、000円から1万円ぐらいとされていますが、基本的には毎年送るものですので、負担にならないように気をつけましょう。

企業や立場(公務員や政治家など)によってはコンプライアンスにより受け取らない場合もありますので注意が必要です。お中元のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です