お中元を贈るときには気を付けよう

お中元と一言で言っても、いつ送ればマナー違反にならないのか、など実は地域によって違うものです。せっかく心を込めて送るのですから、気持ちよく受け取ってもらえるように事前にしっかり確認すると良いでしょう。例えば北海道なら7月中旬から8月中旬に届くように送れば失礼には当たりませんが関東地方では7月中には届けたいものです。しかしあまり早く送ってしまうのはNGとなります。

九州や北陸でも中元を贈るのに適した時期が異なっています。もちろん気持ちを伝えるものなのであまり厳密に守るだけが大切なわけではありませんが、せっかく贈るのですから、ある程度はルールを守ると良いでしょう。また、お中元は相手に感謝の気持ちを伝えるものなので相手が喪中でも贈ることはマナー違反には当たりません。ただし、派手な装飾などはさけて、白い紙に「お中元」と書いて贈るのが良いでしょう。

マナー違反ではないとはいえ受け取り手の心中を察して気を害さずに受け取ってもらえるよう、心配りをする事もお中元に含まれるのだと意識して用意するようにしましょう。若い世代を中心に贈ることも減ってきているお中元ですが、このようにルールを守り日ごろなかなか伝えることのできない感謝の気持ちを伝えるとても良い機会です。会社の上司やお世話になって人だけではなく、両親や兄弟、友達に送ってみるのも良いかもしれません。ルールを守って心を込めて贈ったギフトに驚くと同時にきっととても喜んでもらえるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です