お中元を贈る相手と届ける方法

夏のご挨拶のために贈り物をするお中元は7月の初めから中ごろまでに贈るのが一般的です。とはいえ、最近では6月に入ったら既に贈り始めるということも多くなっています。大人のお付き合いとして大切になるイベントなので、相手に喜んで貰うためにもマナーに沿った失礼のない贈り方をすることが大切です。しかしお中元というイベントがあることは知っていたとしても、職種によっては贈る習慣がない場合も多いため夏のギフトの品物の選び方やマナーについて詳しくないというケースは少なくありません。

そもそも誰に贈る必要があり、誰には贈らなくてよいのかと疑問に思う人もいるものです。結論から言うと、贈る相手は日ごろお世話になっている上司や仲人、先生などが挙げられます。また結婚相手の実家や親戚に贈ることもあります。先生とはいっても病院や学校の先生の場合には、そもそも受け取ることが禁止されていることもあるので、特別な時でなければ送る必要はありません。

このようにお世話になった人に贈るお中元を渡す方法は、以前であれば持参して直接渡すことが一般的でした。本来は直接手渡しするのが礼儀です。しかし最近では宅配便で届けるようにするのが主流となっています。デパートで購入した場合には、デパートの物流センターなどから発送されることになります。

手渡しの習慣はなくなりつつありますが、宅配便で送る場合には挨拶状を付けたり、別途手紙やはがきで挨拶状を送るようにすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です