お中元は喪中の人に送って良いか

7月から8月にかけて、目上の人に感謝の気持ちを込めて贈り物をするという風習を、「お中元」と言います。中国の道教の旧暦では7月15日が中元と定められ、神様に贈り物をするという風習がありました。それが日本の盂蘭盆の季節と重なり、現代のような贈り物をする習慣となったと言われています。「お中元」をおくる時にひとつ気になるのが、喪中の人に対して贈り物をしてもいいのかどうか、ということです。

結論は全く問題ありません。「お中元」はお祝いごとではなく、あくまで日頃の感謝を伝えるものです。喪中の相手でも問題なく贈り物をすることが出来ます。もちろんおくる方が喪中であっても、問題ではありません。

喪中であっても問題ない「お中元」のやり取りですが、四十九日の忌引き前の時には、「暑中見舞い」という名でおくることが望ましいと言えます。その際の贈り物には、紅白水引きなどではなく白無地の紙や短冊をかけておくと良いでしょう。「お中元」は上半期の感謝を目上の人におくる風習ですが、地域によって時期が若干異なる場合があります。たとえば北海道では7月中旬から8月15日までとされていますが、南の九州では8月1日から15日までとされているのです。

デパートなどの担当者に聞くのも良いですし、インターネットで事前に調べておくと良いでしょう。もしこれらのシーズンを過ぎてしまった場合でも、「暑中見舞い」や「残暑見舞い」として届けることは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です