フラット式は自走式立体駐車場の標準タイプ

駐車場の中を機械を使わずに、自動車を運転しながら入庫および出庫する駐車場施設を自走式立体駐車場と呼びます。大型ショッピングセンターやショッピングモールなどの立体駐車場は、自走式立体駐車場でその大半はフラット式です。各駐車階をスロープで連結しているのがフラット式で、スロープの勾配が17%以下などからもスロープの長さは20メートル近く必要になりますが各階の床がフラットになっているため車いすに乗っている人も楽に移動ができますし、ショッピングカートを使って車に荷物を積み込むときに便利です。また、フラット式の自走式立体駐車場では上の階に上がる車の動線および駐車しようとしている車の動線を完全に分離することができるため安全性の確保にも役立てることができます。

スキップタイプは、駐車階をそれぞれ半階分ずらして互い違いに組み合わせた構造を持ちます。スロープは半階分だけ上がる形になるので、スロープの長さを短くできるなど幅があまりない土地に作るときに便利な構造です。スロープは連続して走行しなくても良いので、運転のしやすさがありますし対面のパーキングスペースを見て移動する形になるので空いている場所を見つけるときにも便利な構造といえます。連続傾床タイプは、パーキングスペースを360度一周したときに1つ上の階に上がるタイプで床は全体的に緩い勾配で傾斜しています。

急勾配や急カーブなどがないので、駐車場内の運転がしやすいメリットやスロープがないため面積の有効活用ができるなどの特徴を持ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です