自走式立体駐車場について

自走式立体駐車場とは、立体駐車場の一種で、駐車しようとする車を運転するドライバー自身が施設内部でもそのまま運転を続け、所定の位置に車を駐車させるタイプのものを指します。平面式の駐車場ではこの方式が当たり前ですので、自走式立体駐車場も自然な方式ではありますが、立体駐車場の場合は自走式の他に機械式がありますので、それと区別する意味合いも持っています。平面式と比較すると、立体式であるために駐車可能台数が増えるメリットがあります。ただ、フロアとフロア間の移動についても車が自走できるだけのスペースが必要になってきますので、単純にフロア数の分だけ平面式から駐車台数が増えるわけではありません。

機械式と比較した場合の自走式立体駐車場のメリットは、施設内の車の移動をドライバー自身に任せるため、機械設備がそれだけ少なくて済むことにあります。もちろん、フロアを重ねる以上は照明設備は必要ですし、階数が高くなれば、ドライバーや同乗者が移動するためのエレベータが必要になるかもしれませんが、機械式で車を運ぶことを考えると格段に少なくて済むことになります。一方で、同じ敷地面積で同じ階層であれば、機械式のほうが駐車可能台数は多くなることが普通です。自走式の場合は、実際に駐車できるスペースの他に通路やフロア間の移動のためのスペースも必要になってくるからで、特に小規模な敷地の場合には注意するべきポイントとなることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です