自走式立体駐車場の特徴とメリットについて

自走式立体駐車場はドライバーが車両を運転し、スロープを使って目的階まで移動させます。装置内に車両を収容する機械式と異なり、1台ごとに十分なスペースを確保できるので利便性が高いというメリットがあります。自走式立体駐車場にはフラット式とスキップ式、連続傾床式の3種類が存在します。フラット式は各階がスロープで連結された簡単な構造になっており、駐車する車両と上階に向かう車両の導線が分けられていて安全性が優れています。

見通しがよくスムーズに駐車させることができ、床が平坦なので車椅子を使用する人にも使いやすいというメリットが存在します。スキップ式は駐車階を半階分ずつずらした構造になっており、各スロープを短くできるので走行しやすいという特徴があります。このタイプは見通しがよく一定方向に巡回できるため、空いているスペースを簡単に見つけることができます。連続傾床式は昇降スロープを兼ねた緩やかな勾配の駐車スペースで構成されています。

このタイプは緩やかな螺旋状なので急カーブや急勾配がなく、スロープが不要なので面積効率が優れています。自走式立体駐車場にはフラット式やスキップ式などがありますが、いずれも機械式に比べて入出庫が容易に行えるというメリットがあります。入出庫の機械操作をするための待ち時間も短く、荷物の出し入れや乗り降りが容易です。屋上部分以外であれば雨風や直射日光を避けることができ、開放性が高く津波などの被害を受けにくいため災害時の避難場所として活用することもできます。

自走式立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です