様々な自走式立体駐車場について

自走式立体駐車場にはフラットタイプとスキップタイプ、連続傾床タイプの3種類がありそれぞれ異なるメリットが存在します。フラットタイプは自走式立体駐車場の中で最も基本的な形状で、駐車スペースと専用スロープが連結しているのが特徴です。このタイプは駐車場内の見通しが優れているため、自分の車両の位置を把握しやすいというメリットがあります。柱やブレースなどが少ないため駐車しやすく、床がほぼ平坦なのでショッピングカートや車椅子などでも容易に移動できます。

フラットタイプは利便性が優れており大規模な商業施設や病院、集合住宅などで採用されています。自走式立体駐車場の中でもスキップタイプは駐車階を半階ずつずらした構造になっており、スロープを短くできます。基本的に自走式立体駐車場を建設するにはある程度の広さの敷地を用意しなければなりませんが、スロープが短いスキップタイプは比較的狭い敷地にも対応可能です。一定の方向に車両が巡回する構造になっていて空きスペースを探すのが容易で、床がほぼ平坦でショッピングカートなどで移動しやすいというメリットもあります。

連続傾床タイプの自走式立体駐車場は床全体が螺旋状になっており、スロープに駐車スペースが面しているのが特徴です。周回するごとに階層が上がり駐車スペースを見付けやすい構造になっているだけでなく、独立したスロープがないため収容台数を多くできます。駐車効率が高くてコストパフォーマンスが優れており、急カーブもないので利便性が高く安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です