自走式立体駐車場の特徴を把握しよう

自動車を運転する人であれば、一度はショッピングモールや大型スーパーなどに導入されている立体駐車場を利用したことがあるでしょう。一言で立体駐車場といっても、二つの種類のものがあり、このようなショッピングモールや大型スーパーなどにあるものは自走式立体駐車場と呼ばれているものです。ドライバーが自分で車を運転して駐車するタイプと言えばわかりやすいでしょう。もう一方が機械式と呼ばれるもので、これは駐車装置に車を載せて運搬し、入出庫を行うタイプです。

自走式立体駐車場の場合には、2階建て以上の階層で構成されていて、スロープを使い移動するのが特徴です。利便性が高いので、様々なところで採用されていると言えるでしょう。このような自走式立体駐車場にはメリットがありますが、機械式と比べた場合には自動車の出し入れが簡単にできることや、入出庫の操作による待ち時間が少ないこと、直射日光や雨風などから車を守ることができるなどのことが挙げられます。自走式の場合には上の階の床が下の階の屋根になるので、悪天候の日や、太陽の照り返しが強い時でも、比較的利用しやすいでしょう。

外壁は一定の開口率を取るようにと定められている為、開放性もあるので、災害時の避難場所として利用できることも特徴です。階数を増やすことによって収容率も上がり、敷地を有効活用する事が可能となります。このような自走式立体駐車場を導入しようと考えている場合には、たくさんの車が頻繁に出入りすることになるため、振動や騒音への対策が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です