自走式立体駐車場と機械式立体駐車場について

商業施設や大型スーパー、公共施設などに併設されているのをよく見るのが立体駐車場です。立体駐車場であると土地を最大限に生かし、車の最大収容数を大幅に増やすことが可能となります。立体駐車場には大きく二つに大別することができるのです。一つ目は自走式立体駐車場であり、スロープを車で通って駐車できる場所を探して車を停めます。

自走式立体駐車場のメリットは、車を簡単に駐車できる点にあると言えます。そして機械式の様に駐車するのに機械操作が必要なく、待ち時間もありません。そして天井があるので雨風に車がさらされることもないのです。平面駐車場と比べても回数が多くなればそれだけ収容率が多くなるので、多くの集客を見込む商業施設では必ずと言っていい程自走式立体駐車場が併設されてるのです。

一方機械式立体駐車場ですが、駐車装置に車を乗せて入出庫したり、運搬するタイプの駐車場です。タワーや二階式に多階式などが見られホテルやマンションなどでよく見られます。複雑な土地や敷地にフレキシブルに対応できるのが最大の魅力でしょう。他の駐車車両を気にせず空車で着るのも良い点と言えます。

そしてセキュリティ性が高いともいえるのです。それは機械操作が必要で時間を要するので、盗難や窃盗被害に遭いにくいともいわれてます。ただ災害時などには問題を起こしやすく、入出庫が困難になることもあります。災害時を想定すると自走式立体駐車場が良いと言えます。

いざという時の自走式立体駐車場は避難場所としての活用も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です