太陽光発電システムと自走式立体駐車場の融合施設

ビジネスホテルなど宿泊施設の駐車場は、客室の数だけ自動車を止めることができる能力があれば良いけれどショッピングモールなどのような大型商業施設ともなると、お客さんの数や自動車で訪れる人の数などの予測が難しいといえます。宿泊施設などでは、客室が40部屋あるのであれば40台分の収容能力と従業員用の駐車スペースを確保しておけば良いわけです。大型商業施設は、自動車で訪れるお客さんの数を予測できないため収容能力は最大限なものにしておきたい、こんな時に役立つ存在になってくれるのが自走式立体駐車場です。自走式立体駐車場は、機械式立体駐車場のように待ち時間がないのですぐに買い物などに出かけることができますし、注射にあまり慣れていないドライバーでも比較的容易に車庫入れができるなどの特徴もあります。

最近は、環境に貢献したいと考える企業が多くなっていますが、自走式立体駐車場の中には太陽光発電システムを導入した施設もあるといわれています。太陽光発電システムは家庭用や産業用などの種類がありますが、自走式立体駐車場に導入されている発電システムは駐車場内で利用する電力の自家供給や隣接する施設などの電源、そして電気自動車でもあるEV充電などでも活用することができます。自走式立体駐車は、建物内に構築された駐車場で外が見えるものや見えないものがあるけれども、日中でも薄暗い環境になることからも照明設備は必須、このような電力も自家発電で賄えるメリットを持ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です