ラッピングによる個性的な車作りの魅力

自分だけのオリジナル性の高い自動車を作るには、アルミホイールを変えたり、エアロを取りつけたりするのが通常ですが、さらに一歩進んでボディのカラーを変えてしまう人もいます。ただ、ボディカラーを塗り替えるというのではなく、最近はラッピングという方法で手軽にボディカラーを変えることができます。カラーリングされた特殊なフィルムを包み込むように貼りつけていくのが自動車ラッピングです。オリジナルにはないカラーでラッピングすることで、他にはない自分だけのクルマに仕上げることができます。

人気が高いのはつや消しで、独特な存在感が生まれます。ルーフだけに貼りつけたり、ボンネットだけに貼りつけることも可能で、非常にスポーティで個性的なクルマに作り上げることができます。部分的なラッピングのメリットは、効果が高いわりに費用を安く抑えることができることです。コストパフォーマンスが高い方法と言えるでしょう。

またこの自動車ラッピングには、塗装にはないいくつもの魅力があります。まず塗装に比べて圧倒的に簡単であるということです。ボディを傷から守ることができることも魅力です。通常自動車のボディは雑巾がけした程度でも薄い傷がついてしまいますが、フィルムで保護されるために小さな傷からボディを守ることができます。

またフィルムを剥がせば元の状態に戻すことができるため、売る際にもマイナスにはなりません。むしろフィルムに守られて綺麗な状態に保たれているのでプラス効果が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です